ソプラノ

佐藤康子

"canto di conversazione(会話の歌唱)と呼ばれる、プッチーニのオペラの特徴的歌唱法に熟達している。(中略)素晴らしい音楽的センスで、優雅でありながら決して大仰にせず、ナチュラルに歌い上げる彼女の音楽表現に圧倒された。"

 ― アーペムジカーレ音楽批評より